モツの読書

読んだ本に関する感想を基本的に書いています。

どの会社でも身につくスキルを身につけるならこれ!ーコンサル一年目が学ぶことー

こんにちは!モツです!

突然ですが、どの会社でも使えるスキルって喉から手が出るほど欲しくありませんか?

でも、どうやって身につけたらいいのかわからないからですよね?

今日はそんな外資コンサルがまず身につけるベーシックスキル30選が紹介されている本を紹介したいと思います。

これです!

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

この本を読んだ感想として、例を用いており非常にわかりやすい内容でした。紹介されているスキルがな重要度、難易度ごとにまとめられています。また、技術的なことだけでなく、どのように伝えるかについても述べてあります。

 

話す技術、思考術、デスクワーク、マインドセットとあらゆる面からビジネスパーソンに役立つように書いてあります。汎用性、応用性も高く、新卒一年目、就活生などこれから社会で活躍したい、成長したい人にとっては是非読んでほしい本です!

 

では初めて行きましょう!

 

 

概要

第1章 コンサル流話す技術

  1. 結論から話す
  2. Talk Straight 端的に話す
  3. 数字というファクトで語る
  4. 数字とロジックで語る
  5. 感情より論理を優先させる
  6. 相手に理解してもらえるように話す
  7. 相手のフォーマットに合わせる
  8. 相手の期待値を把握する
  9. 上司の期待値を超える

第2章 コンサル流思考術

  1. 「考え方を考える」という考え方
  2. ロジックツリーを使いこなす
  3. 雲雨傘 提案の
  4. 仮説思考
  5. 常に自分の意見をもって情報にあたる
  6. 本質を追求する思考

第3章 コンサル流デスクワーク術

  1. 文書作成の基本、議事録書きをマスターする
  2. 最強パワポ 資料作成術
  3. エクセル、パワーポイントは、作成スピードが勝負
  4. 最終成果物から逆算して、作業プランをつくる
  5. コンサル流検索式読書術
  6. 仕事の速さを2倍、3倍にする重点思考
  7. プロジェクト管理ツール、課題管理表

第4章 プロフェッショナル・ビジネスマインド

  1. バリューを出す
  2. 喋らないなら会議にでるな
  3. 「時間はお金」と認識する
  4. スピードと質を両立する
  5. コミットメント力を学ぶ
  6. 師匠を見つける
  7. フォロワーシップを発揮する
  8. プロフェッショナルのチームワーク

おすすめ度★★★★

コンサルと聞いてどんなことが思い浮かびますか?

私はロジックに固められたものを思い浮かべました。

この本を読んだ感想として、正解は半分でした。ロジックで半分でスキル的な方法がもう半分でした。

また、努力次第で身に着けるスキルがほとんどです。これはコンサル以外の業界でも役立てることができると思います。

そもそもどうしてこういったスキルが必要なのだと思いますか?

私は仕事をスピーディーに行うため、評価されるために差をつけることが書かれています。要は、人との差別を図るためです。

 

この本に書かれているのは当たり前のことばかりです。ですが、当たり前のことがなかなかできません。コンサル業界の人たちは、この当たり前のスキルセットを高い次元で持ち合わせています

 

なかなかこういった言語化された本は多くないと思います。また、新人でもわかりやすい本だとなればなかなか見つかりません。質と量の掛け合わせが高いのです。

 

個人的なおすすめは第1章です。相手のことを考えて話すということは、忘れがちです。この能力はプレゼンや商談で非常に役に立つでしょう。他にも、UI/UXが最近では非常に重要視されています。消費者への伝え方、商品開発にも応用させることができます。

このようにこの本で紹介されているスキルは汎用性が高く、応用性も高いので是非おすすめです。

 

今日は本の紹介をさせていただきました。

質問や感想をお待ちしています。

ありがとうございました!

では!また!